電気代を節約するなら|屋根に太陽光発電を取り付けよう

今取り付けてもメリット大

屋根

初期コストは低下

近年住宅の屋根の上に太陽光パネルを設置して、売電により収入を得ようとする動きが多くなってきています。住宅を新築するときは最初から太陽光パネルを設置することを考えて、屋根を南に向けて大きく構える設計も多くなっています。しかし、売電価格は年々下がっている状況があり、収入が減ってしまうことで初期投資コストがなかなか取り返すことができないと考える人が出てきました。しかし、売電価格が下がってきたと同じように初期投資コストも下がってきています。これまでの実績を見てみると売電価格は1年で10%弱低下していますが、初期投資コストも10%弱低下している調査結果があります。そのため、10年で初期コストの回収ができる計算だった場合は、今でも10年で取り返せることは変わりないため、今でも売電を目的に太陽光パネルを設置するメリットはあるのです。また変換効率が年々上昇していることは考慮していませんので、実際はもっとメリットがあがることも予想されます。太陽光パネルを設置するメリットは売電だけではありません。太陽光発電で作られた電気は自宅で消費することができるため、電気代節約に貢献します。売電価格は下がっているけれども、電気料金は上がり続けている状況があるため、売電とともに資金的メリットがあることがわかります。他にも非常時には電源として利用することができたり、蓄電池と組み合わせることによって夜間の利用もできるようになります。