電気代を節約するなら|屋根に太陽光発電を取り付けよう

チョーキング現象を確認

塗装

施工の目安

東京はキレイな住宅が立ち並ぶ、エリアも少なくありません。美しい外観をキープする為には、日頃のメンテナンスが必要不可欠です。東京の住宅も、その美しさをキープする為に外壁塗装による、メンテナンスを行う家庭が増えています。外壁塗装は、外壁に塗装を新たに塗り直すリフォームです。東京にも古い住宅は少なくありませんが、この外壁塗装を行う事によって、新築のような美しい外観を保っています。通常、新築の住宅は外壁塗装が行われた状態で、引き渡されます。ですので、新築時には外壁のメンテナンスは必要ありません。しかし、経年劣化によって外壁のダメージは、どんどん大きくなってくので外壁塗装によるメンテナンスが必要となるのです。東京で外壁塗装を行う際は、施工を行う目安を知っておくと言いでしょう。施工の目安となるのが、外壁に起こるチョーキング現象です。外壁に手を触れると白い粉のようなものが付着する事があります。この事をチョーキング現象と言うのです。外壁塗装に使用する塗料は、外壁に色をつける顔料や防水性や紫外線から外壁を守る樹脂、そしてより塗料を塗りやすくする為に添加剤などが含まれています。紫外線や雨、風にさらされ続けると樹脂や添加物は劣化し、分解していくと言われています。そして、残った顔料がむき出しの状態となり、外壁を触ると顔料の粉がつくようになるのです。チョーキング現象が起こっている外壁は、防水性などの機能性が低下しています。外壁塗装を行うタイミングに来ていると言えるでしょう。